更年期障害では・・・?

女性は一般に40代になると卵巣機能が低下し始め、女性ホルモンの分泌が急に減少しだします。
この ホルモンの急降下が様々な症状を生み出すのです。

そして多くの40代、50代の女性にとって、この時期は生活の変化が現れやすい時期でもあります。
こどもの独立、配偶者の定年退職、両親の病気や死亡。
また社会で働く女性は責任ある地位に立つ年齢でもあり、職場での人間関係のストレスも増してきます。

このような内外からの変化にうまく対処できない状態が、更年期障害なのです。


<起こりやすい症状>
肩こり、腰痛、疲労感
のぼせ、ほてり、発汗
目まい、耳鳴り、動悸
イライラ、不安感、不眠、憂鬱気分

この他症状は個人により多岐にわたります。多くは自律神経失調症とも似ています。
中には何科を受診してよいのか迷うような症状もあります。取りあえずは婦人科で相談してみて下さい。

治療法としてはホルモン補充療法、漢方薬などの他、カウンセリングが有効なこともあります。上記の原因の他にその人の性格的なものもとても大きく影響するからです。

また、何でもかんでも更年期症状だと思っていたら別の病気があった、という場合もありますので、キチンとした検査・診断を受けて下さい。