外陰部のかゆみ・オリモノの異常・性感染症

痒みの原因はいろいろありますが、感染によるものは早く治療しなければなりません。
痒みを起こす代表的なものにカンジタというカビの一種があります。
菌自体は珍しいものではなく、男性は常在菌として持っている人も多いものですが、抵抗力が落ちている時この菌が膣内に入ると繁殖して痒みを引き起こし、カテージチーズのようなオリモノが多量に出ます。妊婦さんがかかりやすい膣炎です。抗真菌剤で治りますので早めに受診しましょう。

一般に痒み止めとして使われることのあるステロイド剤はカンジタによる炎症を増悪させます。
自己判断せず、キチンと検査・診断を受けてください。

一般におりものの異常は性感染症で見られます

現在セックスで移る病気が増加しています。クラミジア、トリコモナス、ヘルペス、カンジタ。
昔から性病と呼ばれている梅毒、淋病などもなくなっているわけではありません。肝炎、エイズなどの危険もあります。

これを防ぐのはコンドームしかありません。
またオーラルセックスで移る病気もあります。不特定多数の人とのセックスは病気を広げることになります。
セックスは大事なパートナーとの大切なコミュニケーションです。正しい知識を持って健康な性生活を送りましょう。

検査の結果は問題なかったのに痒みが続く・・・という方

この場合オリモノシートの常用、洗いすぎ、などが原因のことがあります。オリモノの量や臭いは生理の周期によって変化します。正常な状態なのに気にし過ぎているということもあります。

いずれにせよ、自己判断や自己治療は危険です。かえって症状を悪化させ、治りにくくしてしまうことも。おかしいな、と思ったらすぐ受診しましょう。