各種検診のご案内

健康診断事業は自治体や企業などで取り組まれており、その他人間ドックなどを利用される方もいらっしゃいます。でもまだ日本の検診は女性のニーズに合っていないものが多いのです。女性に受けていただきたいのは以下のような項目です。

  1. 子宮頸がん・子宮体がん
  2. 乳がん(中野区の40歳以上の方の触診のみ)
  3. 超音波による子宮と卵巣のチェック
  4. 血液検査(貧血・肝腎機能・甲状腺機能・電解質バランス・ホルモンバランスなど)
  5. 尿検査
  6. おりもの検査

特に1〜4は年1回の検査が必要です。

自治体(区や市など)の健康診断は現在ほとんどのところで20歳以上の方の子宮がん(体癌は不正出血などの症状があるか、50歳以上で閉経している人を対象にしているところが多い)、40歳以上の方の乳がん、30歳以上の方の血液検査(ホルモンなどは含まず)が主なところで、一部または全額公費負担で受けられるようになっています。

それも毎年ではなく、隔年にしているところが多く、これは2年に1度で十分と言う意味ではなく、予算の都合からそうなっているといえます。

何らかの症状があれば保険で検査できます

当診療所では、子宮がんは中野区・練馬区・新宿区・杉並区の区健診を承ります。 乳がんは、中野区の40歳以上の方で、マンモグラフィーを受診する前の触診のみを承ります。 いずれも区によって期間や必要な手続きが決まっていますので、各区報を参考にしてください。

自費による検診は以下のものが可能です

女性検診1:13,000円
子宮頸がん検診、超音波による子宮・卵巣のチェック